床基盤
使い方


1つのフォルダーは約1/35スケールで床面積おおよそ20-30坪の床土台を構成できます。

基本セットにこういう床基盤フォルダーが2つ入っています。
●基本的に大きいサイズの基盤から使った方が簡単です。

●基盤と基盤の横の連結は固定具(ジョインター)を使います。

●一番大きいサイズ(16ドットX16ドット)の床基盤は約1/35スケールでおおよそ4坪という計算になりますが、あくまでも視覚的な目安で、建築模型としての計算用にはなれません。一つのフォルダーに16X16ドットの大きい基盤が6枚入っています。
●小さいサイズの基盤は階段口開口部や、ジグザグした土地の形の形成に使われます。

●ブロックですので、想像力次第で他の使い方もあるはずです。


●購入セット数やオプションの単独フォルダー購入により、
増築・改築は可能です。
1階フロアー組立例
2階フロアー組立例

●床基盤は基本セットの中に同じフォルダーが2つ用意されています。フォルダー1つの内容は約床面積20坪〜30坪(1/35スケール)のボリュームが入っています。

●床基盤の水平連結はジョイントを使用します。購入セット数やオプション購入で増築・改築は可能です。


| Home