壁基盤
使い方
(図解説明は壁基盤の他に、一緒に結合する外壁パネルと内壁パネルと一緒に示しています。また、床基盤も一緒に示しているところがあります。)


1つのフォルダーは約1/35スケールで床面積おおよそ20-30分の壁が作れます(床基盤フォルダー1つ分対応)。壁基盤は外壁パネルと内壁パネルと結合して使用します。

基本セットにこういう壁基盤フォルダーが2つ入っています。

●壁基盤は外壁パネルと内壁パネルと結合して使用します。
●壁基盤-外壁パネル-内壁パネル フォルダー内のパーツは相互対応しています。
●基本的に大きいサイズの基盤から使った方が簡単です。壁基盤の幅は最大で8ドット分、最小で1ドット分になっています。

●フォルダー上方にあるパーツは屋根下斜面の壁を構成します(妻パーツ)。同じパーツでベランダや低い塀としても使えます。

●組立例  

●結合した壁は床基盤の凹凸と上下対応。従って増築なら何階建てまでも増やしていけます。もちろん壁同士の上下連結は床基盤なしでも可能ですが、不安定になりがちです。

●壁基盤は基本セットの中に同じフォルダーが2つ用意されています。フォルダー1つの内容は約床面積20坪〜30坪(1/35スケール)のボリュームが入っています。購入セット数やオプション購入で増築・改築は可能です。
●対応する外壁パネルと内壁パネルは選択可能。

| Home