ご挨拶



毎日何かに追われて、何かに応えようとして、自分のことを忘れていませんか。

子供の時に、将来何になりたいですかとよく聞かれたと思います。

野球選手、お菓子屋さん、花屋さん、宇宙飛行士等など、

皆それぞれ違う夢を持っていました。

それを忘れかけたのはいつだったでしょうか。

現実を知る知恵が積み重ねて行く反面、

自分を知る時間が少なくなっていませんか。

ちょっとだけまわりの時間と空間を止めて、

自分にしか属さないもので楽しんでも良いではないでしょうか。

子供時代の遊びの起点:ブロック。
生活の原点:家。

性別・職業・国籍関係なく、生まれつきに誰にも付与された能力の始点:夢。

童心に戻って遊びながらなにかが見つかると、

それは意外と嬉しいことかもしれません。

この「仮想空間IKKEN-YA」という商品は、

このような思いで開発されたものです。

ちょっと遊びましょう。もう一度夢を見ましょう。自分と大切な人だけの夢を。


仮想空間IKKEN−YA


HOME